IPO投資に必須な証券会社

IPOセカンダリー投資をする前に、できることなら普通のIPO投資でも儲ける機会を作りたい。

今回は、IPO投資に必須な証券会社を考えてみたよ。

やはり、IPOの取扱数が多い証券会社ははずせないよね。あと、なるべくIPOの配分が多い所を使いたい。

そうなると、SMBC日興証券、野村證券、大和証券、SBI証券、マネックス証券は欠かせない。

SMBC日興証券

IPOの取扱数がダントツで多い。しかも、主幹事になることも多い!

主幹事証券会社は、IPOの当選本数が多いから、当選のチャンスが大きい!

一方、IPOのネット配分は10%なのが残念な点である。そこで、IPOの申込回数を増やして当選を狙うべし。

ただし、IPOに申し込むと資金が拘束されてしまうので、IPOが多い時期だと資金がたくさん必要になる。

ぼくのように、IPOの投資資金が少ないと、他の証券会社からの申し込みができなくなってしまうこともある。

でも、IPOの引受数が多いので、普段はよく使っている証券会社である。

野村證券

野村證券は、IPOの主幹事数がダントツ多い。幹事数もそこそこ多い!

ただ、ライバルが多いのと、ネット配分が10%しかないのが難点である。

しかし、野村證券でネットからIPOに申し込みをするとき、資金がいらないのは良い点である。つまり、IPOの抽選時に口座に資金が入ってなくてもいいのである。

そして、IPOに当選して購入するときに、資金が用意できれば問題ない。だから、とりあえず申し込んでおけば、もしかしたら当たるかもしれないって感じで、ぼくはいつも申し込んでいる。

まあ、外れてしまっても、仕方ないかなって。資金移動をしなくていいから、楽でいいんだよね。

あと、IPOの多い時期とかは、資金不足になるけど、野村證券なら問題なく申し込めるのがいいね。

大和証券

大和証券は、主幹事、幹事ともにIPOの取扱数がそこそこ多い!

しかも、ネット配分も15%あるのは嬉しい。チャンス当選も併せれば、20%以上の配分になるのは、店舗型証券のなかでは多い方。

まあ、チャンス当選は、手数料を多く落とす「お得意様」にならないといけないから、あんまり使えないけど。

たしか、大和証券の株主優待でダイワポイントがもらえて、チャンス当選の回数を増やせるみたいだね。

興味がある人は、大和証券の株主になってもいいかもね。ぼくは、あんまり資金がないからパスかな。

SBI証券

ネット証券の中では、ダントツにIPOの取扱数が多い!

そのためか、やっぱり多くの人がおすすめしている証券会社である。

SBI証券のネット配分は、約50%である。だから、残りの50%があるから、店舗型証券とも言えるんだよね。

でも、ネット配分がここまで多いのは良いことだよね。

あと、IPOチャレンジポイントが貯まるって言うのもいいよね。これは、抽選に外れたときに貯まるポイントで、ある程度貯めて使うとIPOに当たりやすくなるんだよね。

こんな感じで、将来的にチャンスが出てくるんだったら、申し込み続けたくなるよね。いい仕組みだと思う。

証券会社的にも、IPOを買ってくれる投資家を確保できるわけだから、IPOの引受証券会社になりやすいよね。

もし、投資家がいないと、IPO株を売りさばけなくなるので、最悪、役割を果たせなくなってしまうから。

マネックス証券

IPOの幹事になることが、そこそこ多い証券会社である。(主幹事になることはめったにない)

しかも、ネット配分が100%で1人1票の抽選システムだから、資金が少ない人にとっては有利だよね。

逆に、資金が多い人にとっては、資金があっても1票しか抽選されないから微妙かもしれない。

まあ、でも、資金が多い人は、ネット以外で申し込むこともできるしね。具体的には、営業担当者と仲良くなっておけば、裁量配分で優先的にIPOを割当ててもらえるわけだし。

だから、資金が少ないぼくのような人にとっては、平等な抽選方法だからいいかなって思う。

ぼくは、できるだけ毎回マネックス証券から、IPOに申し込むようにしているよ。